モンゴルの繁栄と衰退

モンゴルの繁栄と衰退について

モンゴルといえばチンギスハーンですね。その時代に世界帝国となったのは歴史上の紛れもない事実ですね。
しかしその後、モンゴルは衰退し遊牧民の国になっていきました。世界の歴史上、長期にわたって君臨した国も
ありますが、モンゴルはおよそ50年で事実上分裂してしまいました。チンギスが偉大だったのでしょうか。
さて、モンゴルといえば昔からモンゴル相撲があって、今は日本の土俵を席巻していますね。朝青龍あたりから
上位に出始め、白鵬で無敵の強さを誇っています。日本人力士にも頑張って欲しいものですが、いかんせん体格
が違うのか、なかなか勝てませんね。その朝青龍ですが、地元では有力者ですからモンゴルの経済の発展に
とても貢献しているようですね。いろいろお店を出したり、イベントを行ったりと精力的に活動しています。
モンゴルもどんどん経済が発展していき、日本のように経済で世界に名を馳せるようになるのも近いですね。

メニュー